トップ > クマのイラストを描いてみる > 顔を作る >
口を描き足す

口を付ける

引き続き、顔を作っていきます。 耳と目と鼻は完成していますので、残るは口です。 この記事では、口を描きます

口を描く

では、顔の仕上げとなる口を描き入れます。 なお、口はシェイプではなくパスで描きます

パスに関連する作業は、表示倍率が高い方がやりやすいです。 表示倍率を調整し、顔の土台がキャンバスにピッタリと収まるようにしましょう。

1. 顔の土台を選択
1. 顔の土台を選択

上図のように顔の土台を選択します。

2. 表示(V) -> ズーム(Z) -> 選択範囲(S)を実行
2. 表示(V) -> ズーム(Z) -> 選択範囲(S)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"表示(V)" -> "ズーム(Z)" -> "選択範囲(S)"を実行するか、キーボードの3を押します。

  
テンキーの3でも、キーボード上段の3(ひらがなの"あ"の刻印のあるキー)でも構いません
3. 顔の土台をキャンバスに合わせる
3. 顔の土台をキャンバスに合わせる

上図のように表示倍率が調整され、顔の土台がピッタリとキャンバスに収まりました。

では、パスを作成します。 Inkscapeではいくつかの方法でパスを作成することができますが、今回はパスの基本的な作成方法であるペンツールを使った方法で作業します。

4. ペンツールを選択
4. ペンツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからペンツールを選択します(またはキーボードのSHIFT + F6(またはB)を押します)。

次に、口の元となるパスを作成します。 3つの点(ノード)でつながる2本の線(セグメント)です。 ノードを置きたい場所をマウスの左ボタン(マウスの左ボ>タン)でクリックし、最後にEnterキーで確定します。

5. クリックでつなげる
5. クリックでつなげる

上図のように3箇所でクリックし、最後にEnterキーを押します。

6. クリック位置をつなぐ直線が引かれる
6. クリック位置をつなぐ直線が引かれる

上図のようにクリック位置をつなぐ直線が引かれます。 続いて、パスのセグメントを曲げて口の形にします。

ただし、ペンツールではセグメントを曲げるといった調整はできません。 ペンツールは新たに曲線/直線を引くためのツールであり、線を書き足して延長することはできますが、それ以外の調整はできませんセグメントを曲げる作業はノードツールで行います

7. ノードツールを選択
7. ノードツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからノードツールを選択します(またはキーボードのF2(またはN)を押します)。

8. 3つのノードと2つのセグメント
8. 3つのノードと2つのセグメント

上図のように表示が変化し、3つのノードとノードをつなぐ2つのセグメントが表示されます。

では、セグメントを曲げましょう。 まずは、左のセグメントを下方に曲げます。 マウスカーソルを、左のセグメントの上に乗せます

9. マウスカーソルを曲げたいセグメントに乗せる
9. マウスカーソルを曲げたいセグメントに乗せる

上図のようにマウスカーソルが手の形に変わります。 この状態でセグメントをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグします。

10. セグメントをドラッグ
10. セグメントをドラッグ

上図のようにセグメントをドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

11. 左のセグメントが下方に曲がる
11. 左のセグメントが下方に曲がる

上図のように左のセグメントが下方に曲がりました。 このように、ノードツールでセグメントをドラッグすることで、セグメントを曲げることができます

続いて、曲げたセグメントを微調整しましょう。 ちょっと下に曲げすぎました。 なお、セグメントのドラッグではなく、ノードハンドルを操作して調整しましょう

ただし、画面上にはノードとセグメントは表示されていますが、ノードハンドルは表示されていません。 ノードハンドルが表示されていないのは、ノードが選択されていないからです

現在、オブジェクトとしてはパスが選択されています。 しかし、パス内のノードはどれも選択されていないため、ノードハンドルは表示されていません。

ノードハンドルを表示するためには、ノードを選択する必要があります。 今回は、左のセグメントのノードを選択します。 マウスカーソルを、左のセグメントの上に乗せます

12. マウスカーソルを選択したいセグメントに乗せる
12. マウスカーソルを選択したいセグメントに乗せる

上図のようにマウスカーソルが手の形に変わります。 この状態でセグメントをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

13. 左のセグメントのノードが選択される
13. 左のセグメントのノードが選択される

上図のように左のセグメントを構成する2つのノードが選択されます。 ノードを表す菱形が灰色から青色に変化しているのがわかります。 選択されていないノードは灰色で、選択中のノードは青色で描画されます。 また、それぞれのノードからノードハンドルが伸びてます。

では、ノードハンドルを使って曲げ具体を調整しましょう。 なお、ノードハンドルの向きはノードから伸びるセグメントの方向を示し、ノードハンドルの長さはノードから伸びるセグメントの勢いとなります

14. 左のセグメントの形を整える
14. 左のセグメントの形を整える

上図のように左のセグメントの形を整えます。 では、続いて右のセグメントも整えましょう。

15. 右のセグメントの形も整える
15. 右のセグメントの形も整える

上図のように右のセグメントの形も整えます。 これで口としての形は整いましたが、ストロークの幅が細いため口っぽくありません。 顔の土台や耳のストロークの幅の2倍の太さにします。 選択ツールに切り替えてストロークの幅を 2 にしてください

16. 口らしくなった
16. 口らしくなった

上図のように口らしくなりました。 ただし、バウンディングボックスが邪魔で見づらいので、選択を解除しましょう。

17. 選択を解除した口
17. 選択を解除した口

上図のように見やすくなりました。 では、ズームアウトして全体を見てみましょう。 画面上部のプルダウンメニューの"表示(V)" -> "ズーム(Z)" -> "ページ(P)"を実行するか、キーボードの5を押します。

18. 口の完成
18. 口の完成

上図のように口が完成です。

ページの先頭へ
 

まとめ

キーボードの3を押すことで、選択範囲がキャンバスにフィットするように表示倍率を調整することができます。

操作/コマンド 説明
3 選択範囲がキャンバスにフィットするように表示倍率を調整する

ペンツールを使って新たに曲線/直線を引くことができ、引かれた線はパスとなります。

操作/コマンド 説明
[ペンツール]ボタン
(または)
SHIFT + F6
(または)
B
ペンツールを選択する
(ペンツール選択中)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
直線を引く
※Enterキーで確定する
(ペンツール選択中)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
曲線を引く
※Enterキーで確定する

パスの調整はペンツールではなく、ノードツールで行います。 ノードツールでは、ドラッグでセグメントを曲げることができます。 また、ノードから伸びるノードハンドルでもセグメントの曲げ具合を調整することができます。

操作/コマンド 説明
[ノードツール]ボタン
(または)
F2
(または)
N
ノードツールを選択する
(ノードツール選択中)
(セグメントの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
セグメントを選択する
※セグメントの両端のノードが選択される
(ノードツール選択中)
(セグメントの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
セグメントを曲げる
(ノードハンドルを)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
セグメントの曲げ具合を調整する
ページの先頭へ