トップ > 知っておきたい機能 > パス関連 > ノードツールでのパスの編集 >
ノードの変形(拡大・縮小・回転・傾斜)

ノードを拡大・縮小・回転・傾斜させる

この記事では、ノードの変形について説明します。 ノードの変形って何のことだろう、と思う方もいることでしょう。 そう思うのは当然のことです。 なぜならノードはただの点、つまり座標であり、ノードそのものは形状は持ちませんから

実はここで言うノードの変形とは、『複数のノードが形作っている形状を変える』という意味です。 例えば、4つのノードが形作る正四角形を長方形に変える、というようなことです。

オブジェクトと同じように、ノードも拡大・縮小・回転・傾斜で変形させることができます。

ノードを変形させる

ではノードを変形させてみましょう。 まずは、ペンツールを使ってパスを作成します。

1. ペンツールを選択
1. ペンツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからペンツールを選択します(またはキーボードのSHIFT + F6(またはB)を押します)。

今回は "V" の形状のパスを作成してみましょう。 線をつなげたい場所をマウスの左ボタン(マウスの左ボ>タン)でクリックし、最後にEnterキーで確定します

2. クリックでつなげる
2. クリックでつなげる

上図のように3箇所でクリックし、最後にEnterキーを押します

3. クリック位置をつなぐ直線が引かれる
3. クリック位置をつなぐ直線が引かれる

上図のようにクリック位置をつなぐ直線が引かれます。 では、ノードツールに切り替えましょう

4. ノードツールを選択
4. ノードツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからノードツールを選択します(またはキーボードのF2(またはN)を押します)。

5. ノードとセグメントが表示される
5. ノードとセグメントが表示される

上図のように表示が変化し、ノードとノードをつなぐセグメントが表示されます。

では次にノードを選択します。 なお、2つ以上のノードを選択しなければなりません。 『複数のノードが形作っている形状』を変形させるわけですから、2つ以上のノードが必要です

今回は全てのノードを選択しましょう。 CTRL + Aを押して全ノードを選択してください

6. 全てのノードを選択する
6. 全てのノードを選択する

上図のように全てのノードを選択します。

では次に、変形ハンドルを表示させます。 変形ハンドルとは、オブジェクトの変形でも使用した拡大縮小ハンドルと回転/傾斜ハンドルのことです

  
ノードツールでは、初期状態では変形ハンドルは表示されません。
7. ツールコントロールの[選択ノードの変形ハンドルを表示]ボタンを押す
7. ツールコントロールの[選択ノードの変形ハンドルを表示]ボタンを押す

上図のように画面上部にあるツールコントロールの[選択ノードの変形ハンドルを表示]ボタン([選択ノードの変形ハンドルを表示]ボタン)を押します。

8. 拡大縮小ハンドルが表示される
8. 拡大縮小ハンドルが表示される

上図のように拡大縮小ハンドルが表示されます。 これで、マウス操作で拡大・縮小できるようになりました。 操作方法はオブジェクトの拡大・縮小と同様です

では、拡大縮小ハンドルを使って拡大してみましょう。 右下の拡大縮小ハンドルをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)で右下にドラッグします。

9. 拡大縮小ハンドルををドラッグ
9. 拡大縮小ハンドルををドラッグ

上図のように拡大縮小ハンドルををドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

10. 拡大されたノード
10. 拡大されたノード

上図のようにノードが拡大されます。 このようにオブジェクトの拡大・縮小と同じ感覚で操作できます。

では続いて回転を行ってみましょう。 現在の拡大縮小ハンドルから回転/傾斜ハンドルに切り替えます。 ただし、クリックでは切り替わりません

拡大縮小ハンドルと回転/傾斜ハンドルを切り替えるにはキーボードのSHIFT + Hキーを押します。 では、SHIFT + Hキーを押してください。

  
選択ツールの変形ハンドルは、オブジェクトをクリックするたびに拡大縮小ハンドルと回転/傾斜ハンドルが交互に切り替わりますが、ノードツールの変形ハンドルはクリックでは切り替わりません。
11. 回転/傾斜ハンドルに切り替わる
11. 回転/傾斜ハンドルに切り替わる

上図のように回転/傾斜ハンドルに切り替わります。 キーボードのSHIFT + Hキーを押すたびに拡大縮小ハンドルと回転/傾斜ハンドルが交互に切り替わります

では、回転/傾斜ハンドルを使って回転してみましょう。 左下の回転ハンドルをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)で右下にドラッグします。

12. 回転/傾斜ハンドルをドラッグ
12. 回転/傾斜ハンドルをドラッグ

上図のように回転/傾斜ハンドルをドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

13. 回転されたノード
13. 回転されたノード

上図のようにノードが回転します。 このように、回転もオブジェクトと同じ操作で行えます

ページの先頭へ
 

キーボード操作での変形

変形ハンドルを使わずに、キーボード操作でノードを拡大・縮小・回転させることもできます。

操作/コマンド 説明
.(ピリオド) 選択中のノードを拡大する
,(カンマ) 選択中のノードを縮小する
ALT + .(ピリオド) 選択中のノードを1画面ピクセルだけ拡大する
※モニタ上の1ピクセル
ALT + ,(カンマ) 選択中のノードを1画面ピクセルだけ縮小する
※モニタ上の1ピクセル
] 選択中のノードを時計回りに回転する
※初期設定では15度単位で回転する
[ 選択中のノードを反時計回りに回転する
※初期設定では15度単位で回転する
ALT + ] 選択中のノードを時計回りに1画面ピクセルだけ回転する
※モニタ上の1ピクセル
※バウンディングボックスの角でのモニタ上の1ピクセルぶん
ALT + [ 選択中のノードを反時計回りに1画面ピクセルだけ回転する
※モニタ上の1ピクセル
※バウンディングボックスの角でのモニタ上の1ピクセルぶん

また、キーボード操作ではノードを水平反転・垂直反転させることもできます。

操作/コマンド 説明
H 選択中のノードを水平反転する
V 選択中のノードを垂直反転する
ページの先頭へ
 

まとめ

ノードも変形させることができます。 『複数のノードが形作っている形状を変える』という意味であるため、2つ以上のノードが選択されている必要があります。 複数のノードを選択して変形ハンドルを表示させることで、マウス操作でノードを拡大・縮小・回転・傾斜させることができます。 拡大縮小ハンドルと回転/傾斜ハンドルはキーボードのSHIFT + Hで交互に切り替えることができます。

操作/コマンド 説明
[ノードツール]ボタン
(または)
F2
(または)
N
ノードツールを選択する
[選択ノードの変形ハンドルを表示]ボタン ノードツール用の変形ハンドルを表示する
(変形ハンドル表示中)
SHIFT + H
変形ハンドルの拡大縮小ハンドルと回転/傾斜ハンドルを交互に切り替える
(拡大縮小ハンドルを)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
選択中のノードが形作っている形状を拡大・縮小する
(回転ハンドルを)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
選択中のノードが形作っている形状を回転する
(傾斜ハンドルを)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
選択中のノードが形作っている形状を傾斜する

また、ノードはキーボード操作で変形させることもできます。

操作/コマンド 説明
.(ピリオド) 選択中のノードを拡大する
,(カンマ) 選択中のノードを縮小する
ALT + .(ピリオド) 選択中のノードを1画面ピクセルだけ拡大する
※モニタ上の1ピクセル
ALT + ,(カンマ) 選択中のノードを1画面ピクセルだけ縮小する
※モニタ上の1ピクセル
] 選択中のノードを時計回りに回転する
※初期設定では15度単位で回転する
[ 選択中のノードを反時計回りに回転する
※初期設定では15度単位で回転する
ALT + ] 選択中のノードを時計回りに1画面ピクセルだけ回転する
※モニタ上の1ピクセル
※バウンディングボックスの角でのモニタ上の1ピクセルぶん
ALT + [ 選択中のノードを反時計回りに1画面ピクセルだけ回転する
※モニタ上の1ピクセル
※バウンディングボックスの角でのモニタ上の1ピクセルぶん
H 選択中のノードを水平反転する
V 選択中のノードを垂直反転する
ページの先頭へ