トップ > 知っておきたい機能 > パス関連 >
線を引いて新規パスを作成する(その3)

新たにパスを作成する方法(続き)

前の記事の『線を引いて新規パスを作成する(その2)』からの続きです。 この記事では、パスの延長およびサブパスの追加方法について解説します。 『新規にパスを作成する』というのとは少し違いますが関連が深いのでここで説明しておきます。

パスの延長とは、既存の開いたパス(端のノードを持つ閉じていないパス)に線をつなげて描き足すことです

サブパスとは、複数の線で構成されているパス(複合パス)のそれぞれの線のことです。 つまり、サブパスの追加とは、既存のパスに線をつなげずに描き足すことです

つまり、延長して線を描き足す方法と、延長せずに線を描き足す方法を説明します。

パスの延長とサブパスの追加

パスの延長とサブパスの追加を実際にやってみましょう。

1. パス
1. パス

上図のように今回は "N" の形状のパスを作成してみました。 では、このパスを延長してみます。 鉛筆ツールとペンツールのどちらでも延長できますが今回はペンツールを使ってみましょう

まず、パスを選択する必要があります。

2. 選択ツールを選択
2. 選択ツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスから選択ツールを選択します(またはキーボードのF1(またはS)を押します)。 では続いて、選択ツールでパスを選択します。

3. パスを選択する
3. パスを選択する

上図のようにパスを選択します。 では、パスを選択した状態のままペンツールに切り替えましょう

4. ペンツールを選択
4. ペンツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからペンツールを選択します(またはキーボードのSHIFT + F6(またはB)を押します)。

では、右端のノードを延長しましょう。

5. 端のノードをクリック
5. 端のノードをクリック

上図のように延長したい端のノードをマウスの左ボタン(マウスの左ボ>タン)でクリックします。

6. 端のノードが延長される
6. 端のノードが延長される

上図のように端のノードが延長され、延長先をマウス操作で選べる状態になります。 なお、赤色の線が新たに引かれるセグメントです。

7. クリックで延長する
7. クリックで延長する

上図のように "M" の形状になるようにクリックし、さらにEnterキーを押します。

8. パスが延長される
8. パスが延長される

上図のようにパスが延長され、延長先に新たなノードが追加されました。 このように、ペンツールで端のノードをクリックすることで、パスを延長することができます

  
ペンツールで端のノードをドラッグすることで、直線ではなく曲線でパスを延長することができます。
  
鉛筆ツールで延長する場合も同様に、端のノードをクリックまたはドラッグします。 クリックなら直線が、ドラッグならフリーハンド線が延長されます。

パスの延長の説明はこれで終わりです。 ここからはサブパスの追加の説明に入ります。 なお、すでに説明したように、サブパスの追加とは既存のパスに線をつなげずに描き足すことです

まずは、形状を "N" に戻しましょう。 画面上部のプルダウンメニューの"編集(E)" -> "元に戻す(U)"を実行するか、キーボードのCTRL + Zを押します。

9. 元に戻す
9. 元に戻す

上図のように "N" の形状に戻します。 では、サブパスを追加しましょう。 引き続き、ペンツールを使います

サブパスは、SHIFTキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボ>タン)をクリックすることで線引きが開始されます。

10. SHIFTキーを押しながらクリック
10. SHIFTキーを押しながらクリック

上図のように新たなサブパスの引き始めの場所をSHIFTキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボ>タン)でクリックします。

11. 線引き中
11. 線引き中

上図のように新たなサブパスの線引きが始まります。 なお、赤色の線が新たに引かれるセグメントです。

12. クリックでつなげる
12. クリックでつなげる

上図のように4箇所でクリックします。 なお、4箇所目は線の引き始めのノードをクリックしてください端のノードをクリックすると自動的に線引きが確定されますので、Enterキーを押す必要はありません

13. クリック位置をつなぐ直線が引かれる
13. クリック位置をつなぐ直線が引かれる

上図のようにクリック位置をつなぐ直線が引かれます。 バウンディングボックスが1つであることから、1つのパスのままだということがわかります

つまり、1つのパスなのに2本の線があるということです。 これは、このパスが複合パスになったということを意味しています

  
複合パスに含まれるそれぞれの線をサブパスと呼びます。
  
鉛筆ツールやカリグラフィツールでサブパスを追加する場合も同様の手順です。 SHIFTキーを押しながらクリックやドラッグすることで鉛筆ツールやカリグラフィツールでもサブパスが追加されます。
ページの先頭へ
 

まとめ

鉛筆ツール・ペンツールでは、端のノードをクリック(またはドラッグ)することでパスを延長することができます。

操作/コマンド 説明
[鉛筆ツール]ボタン
(または)
F6
(または)
P
鉛筆ツールを選択する
(鉛筆ツール選択中)
(端のノードの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
パスを延長して直線を引く
(鉛筆ツール選択中)
(端のノードの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
パスを延長してフリーハンド線を引く
[ペンツール]ボタン
(または)
SHIFT + F6
(または)
B
ペンツールを選択する
(ペンツール選択中)
(端のノードの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
パスを延長して直線を引く
※Enterキーで確定する
(ペンツール選択中)
(端のノードの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
パスを延長して曲線を引く
※Enterキーで確定する

鉛筆ツール・ペンツール・カリグラフィツールではSHIFTキーを押しながら操作することでサブパスとして線が引かれます。

操作/コマンド 説明
[鉛筆ツール]ボタン
(または)
F6
(または)
P
鉛筆ツールを選択する
(鉛筆ツール選択中)
SHIFT + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
サブパスとして直線を引く
(鉛筆ツール選択中)
SHIFT + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
サブパスとしてフリーハンド線を引く
[ペンツール]ボタン
(または)
SHIFT + F6
(または)
B
ペンツールを選択する
(ペンツール選択中)
SHIFT + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
サブパスとして直線を引く
※Enterキーで確定する
(ペンツール選択中)
SHIFT + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
サブパスとして曲線を引く
※Enterキーで確定する
[カリグラフィツール]ボタン
(または)
CTRL + F6
(または)
C
カリグラフィツールを選択する
(カリグラフィツール選択中)
SHIFT + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
サブパスとしてフリーハンド線を引く
※線の形状のパスが作成される
ページの先頭へ