トップ > 知っておきたい機能 > ファイル関連 >
独自のテンプレートを作成する

自分でテンプレートを作成してみよう

前の記事ではテンプレートからドキュメントを作成する手順を説明しました。 この記事では、独自のテンプレートを作成する方法について解説します

8cm CD/DVD用ラベルのテンプレートを作成する

では、テンプレートを作成してみましょう。 今回は、8cm CD/DVDのラベル用のテンプレートを作ってみます。 新規ドキュメントを開いた状態から始めます

1. 新規ドキュメントを開く
1. 新規ドキュメントを開く

上図のように新規ドキュメントを開きます。

続いて、ドキュメントのページのサイズを設定します。 ページのサイズはドキュメントのプロパティで指定します。

2. ファイル(F) -> ドキュメントのプロパティ(D)...を実行
2. ファイル(F) -> ドキュメントのプロパティ(D)...を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"ファイル(F)" -> "ドキュメントのプロパティ(D)..."を実行するか、キーボードのSHIFT + CTRL + Dを押します。

3. 幅(W)と高さ(H)をそれぞれ80に
3. 幅(W)と高さ(H)をそれぞれ80に

上図のようにドキュメントのプロパティ画面が開きますので、ページタブに切り替え幅(W)と高さ(H)にそれぞれ 80 を設定します。 なお、単位(N)は "mm" のままにしておいてください。 設定したらウィンドウを閉じましょう

  
8cm CD/DVD用なので 80mm にしています。
4. ページが小さくなる
4. ページが小さくなる

上図のようにページが小さくなります。 表示倍率を調整し、ページがキャンバスにピッタリと収まるようにしましょう

5. 表示(V) -> ズーム(Z) -> ページ(P)を実行
5. 表示(V) -> ズーム(Z) -> ページ(P)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"表示(V)" -> "ズーム(Z)" -> "ページ(P)"を実行するか、キーボードの5を押します

  
テンキーの5でも、キーボード上段の5(ひらがなの"え"の刻印のあるキー)でも構いません
6. ページをキャンバスに合わせる
6. ページをキャンバスに合わせる

上図のように表示倍率が調整され、ページ全体がキャンバスにピッタリと収まりました。 これでドキュメントサイズの変更は終わりです

では続いて、CD/DVDの形状の図形を作りましょう。 テンプレート利用時には、枠として利用される図形です。 ページにピッタリと収まる 80mm x 80mm の円を描きます

まずは円/弧ツールに切り替えます

7. 円/弧ツールを選択
7. 円/弧ツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスから円/弧ツールを選択します(またはキーボードのF5(またはE)を押します)。

では次に、ページの境界へのスナップ(吸い寄せ)を有効にします。 ページにピッタリと収めるために必要な作業です

8. [ページの境界にスナップ]ボタンをオン
8. [ページの境界にスナップ]ボタンをオン

上図のように[ページの境界にスナップ]ボタン([ページの境界にスナップ]ボタン)をオンにします。

では円のシェイプを作成しましょう。 ページの左上から右下へをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグします。

9. ページの左上から右下へドラッグ
9. ページの左上から右下へドラッグ

上図のようにページの左上から右下へドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

10. 円のシェイプが作成される
10. 円のシェイプが作成される

上図のように円のシェイプが作成されます。 ただし、フィルが黒色で塗られていてはテンプレートとしては使い物になりません。 フィルを削除し、ストロークを灰色の 0.1mm 幅に設定しましょう

11. 灰色のストロークのみにする
11. 灰色のストロークのみにする

上図のように灰色のストロークのみにします

次に、内径用の枠を作成します。 CD/DVDのラベル領域の内径には 23mm と 46mm がありますが、今回は 23mm で作成します。

12. 内径用の円のシェイプを作成する
12. 内径用の円のシェイプを作成する

上図のように内径用の円のシェイプを作成します。 なお、幅・高さ、および位置は後で調整しますのでこの時点では適当で構いません

まずは幅と高さを 23mm に補正しましょう

13. 画面上部のツールコントロールの水平半径と垂直半径をそれぞれ 11.5 に
13. 画面上部のツールコントロールの水平半径と垂直半径をそれぞれ 11.5 に

上図のように画面上部のツールコントロールの水平半径と垂直半径をそれぞれ 11.5mm に設定します。

14. 幅と高さが 23mm に
14. 幅と高さが 23mm に

上図のように幅と高さが 23mm になりました。

続いては、位置の調整です。 外径の円と内径の円の両方を選択して水平・垂直の中心に軸を合わせることで位置を整えます。

15. 選択ツールに切り替えて外径の円と内径の円の両方を選択する
15. 選択ツールに切り替えて外径の円と内径の円の両方を選択する

上図のように選択ツールに切り替えて外径の円と内径の円の両方を選択します。 両方を選択したら整列を行います。

16. オブジェクト(O) -> 整列と配置(A)...を実行
16. オブジェクト(O) -> 整列と配置(A)...を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"オブジェクト(O)" -> "整列と配置(A)..."を実行するか、キーボードのSHIFT + CTRL + Aを押します。

17. 整列と配置ダイアログが開く
17. 整列と配置ダイアログが開く

上図のように整列と配置ダイアログが開きますので、整列を行いましょう。 まずは、オブジェクトの中心を垂直軸に合わせます

18. [中心を垂直軸に合わせる]ボタンを押す
18. [中心を垂直軸に合わせる]ボタンを押す

上図のように[中心を垂直軸に合わせる]ボタン([中心を垂直軸に合わせる]ボタン)を押します。 続いて、オブジェクトの中心を水平軸に合わせます

19. [水平軸の中心に揃える]ボタンを押す
19. [水平軸の中心に揃える]ボタンを押す

上図のように[水平軸の中心に揃える]ボタン([水平軸の中心に揃える]ボタン)を押します。 さらに、右上の[×]ボタン([×]ボタン)を押してダイアログを閉じましょう。

20. 内径の円が中心に配置される
20. 内径の円が中心に配置される

上図のように内径の円が中心に移動しました。 ではここで選択を解除しましょう

21. ツールコントロールの[選択オブジェクトまたはノードのすべてを選択解除]ボタンを押す
21. ツールコントロールの[選択オブジェクトまたはノードのすべてを選択解除]ボタンを押す

上図のように画面上部にあるツールコントロールの[選択オブジェクトまたはノードのすべてを選択解除]ボタン([選択オブジェクトまたはノードのすべてを選択解除]ボタン)を押します。

22. 外径と内径の枠が完成
22. 外径と内径の枠が完成

上図のように外径と内径の枠が完成しました。 これで、テンプレートとして必要なオブジェクトは揃ったものとします

ただし、これだけではテンプレートとしては機能しません。 このドキュメントがテンプレートである、という情報が埋め込まれていないためです。 ここからは、ドキュメントにテンプレートとしての情報を埋め込む作業を行います

次の記事へ

長くなってきましたので、一区切りします。 続きは次の記事を参照ください

ページの先頭へ
 

まとめ

Inkscapeでは、独自のテンプレートを作成することもできます。 ドキュメントのプロパティ画面でページのサイズを設定し、必要なオブジェクトを作成・配置していきます。

操作/コマンド 説明
SHIFT + CTRL + D ドキュメントのプロパティ画面を開く
ページの先頭へ