トップ > 知っておきたい機能 >
オブジェクトの位置揃えとスナップ

オブジェクトの位置揃え・スナップ

この節では、オブジェクトを位置揃えやスナップするための機能について解説します。 位置揃えには、基準軸に揃える『整列』、一定間隔で並べる『配置』、オブジェクトが重ならないように並び替える『重なりを除去』、格子状や円周状に並べ替える『配列』があります。

スナップとは吸い寄せの機能のことで、ガイドやグリッドおよび他のオブジェクトにピッタリと寄せることができます。

なお、パスのノードの位置揃えについてはここでは解説しません。 ノードの位置揃えについては、知っておきたい機能 > パス関連 > ノードツールでのパスの編集 -> ノードの移動と整列・配置を参照ください。

この節の内容

  1. オブジェクトの整列(基準軸に揃える)
  2. オブジェクトの配置(一定間隔で並べる)
  3. オブジェクトの重なり除去
  4. オブジェクトの格子配列
  5. オブジェクトの円周配列
  6. オブジェクトのスナップ(吸い寄せ)
  7. オブジェクトのスナップ(吸い寄せ)(その2)

では、[次の記事へ]ボタンを押して、この節の次の記事へ進みましょう

ページの先頭へ