トップ > 知っておきたい機能 > パス関連 > ノードツールでのパスの編集 >
ノードの追加と削除

ノードの追加や削除

ノードは、好きなように追加や削除することができます。 追加では、端のノードから線を延長することも、既存のセグメントの途中にノードを増やすこともできます。 削除も同様に、端のノードを削除することも端以外のノードを削除することもできます。

なお、線の延長にはノードツールではなく鉛筆ツールやペンツールを使います。 この小節はノードツールを使ったパスの操作を説明する小節ですので、鉛筆ツールやペンツールに関する機能は本来は説明対象外です。 しかし、線の延長もノードを増やす機能であるため、ここで合わせて解説することにしました。

ノードの追加と削除

では、ノードの追加と削除を行ってみましょう。 まずは、ペンツールを使ってパスを作成します。

1. ペンツールを選択
1. ペンツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからペンツールを選択します(またはキーボードのSHIFT + F6(またはB)を押します)。

今回は "N" の形状のパスを作成してみましょう。 線をつなげたい場所をマウスの左ボタン(マウスの左ボ>タン)でクリックし、最後にEnterキーで確定します

2. クリックでつなげる
2. クリックでつなげる

上図のように4箇所でクリックし、最後にEnterキーを押します

3. クリック位置をつなぐ直線が引かれる
3. クリック位置をつなぐ直線が引かれる

上図のようにクリック位置をつなぐ直線が引かれます。 では、ノードツールに切り替えましょう

4. ノードツールを選択
4. ノードツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからノードツールを選択します(またはキーボードのF2(またはN)を押します)。

5. ノードとセグメントが表示される
5. ノードとセグメントが表示される

上図のように表示が変化し、ノードとノードをつなぐセグメントが表示されます。

では、パスの線の延長から行ってみましょう。 パスの線の延長は、鉛筆ツールかペンツールで行いますが、今回はペンツールを使います

6. ペンツールを選択
6. ペンツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからペンツールを選択します(またはキーボードのSHIFT + F6(またはB)を押します)。

ペンツールに切り替えたら、続いて延長する端のノードを選択します

7. 端のノードをクリックする
7. 端のノードをクリックする

上図のように延長する端のノードをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

8. 端のノードが延長される
8. 端のノードが延長される

上図のように端のノードが延長され、延長先をマウス操作で選べる状態になります。 なお、赤色の線が新たに引かれるセグメントです。

9. クリックで延長する
9. クリックで延長する

上図のように "M" の形状になるようにクリックし、さらにEnterキーを押します

10. パスが延長される
10. パスが延長される

上図のようにパスが延長されました。 もちろん、延長先には新たなノードが追加されています

ここまでがパスの延長の説明です。 では、本題のノードツールを使ったノードの追加・削除の説明に入ります。

11. ノードツールを選択
11. ノードツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからノードツールを選択します(またはキーボードのF2(またはN)を押します)。

12. ノードとセグメントが表示される
12. ノードとセグメントが表示される

上図のように表示が変化し、ノードとノードをつなぐセグメントが表示されます。 ちゃんと、"M" の形状になっています。

では、既存のセグメントの途中にノードを追加しましょう。 既存のセグメントの途中にノードを追加するには、対象とするセグメントを選択する必要があります。 まずは、一番左のセグメントにノードを追加してみましょう。

13. 一番左のセグメントをクリック
13. 一番左のセグメントをクリック

上図のように一番左のセグメントをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

14. 一番左のセグメントの両端のノードが選択される
14. 一番左のセグメントの両端のノードが選択される

上図のように一番左のセグメントの両端のノードが選択されます。 両端のノードが選択されているということは、その間のセグメントが選択されているということです

では、このセグメントにノードを追加しましょう。

15. ツールコントロールの[新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタンを押す
15. ツールコントロールの[新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタンを押す

上図のように画面上部にあるツールコントロールの[新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタン([新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタン)を押します(またはキーボードのINSERTキーを押します)。

16. 選択中のセグメントの中心にノードが追加される
16. 選択中のセグメントの中心にノードが追加される

上図のように選択中のセグメントの中心にノードが追加されます。 このように[新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタンでノードを追加した場合は、選択中のセグメントの中心に追加されます

ではここでちょっと脱線して、ノードのスライドについて説明しておきます。 ノードのスライドについては、知っておきたい機能 > パス関連 > ノードツールでのパスの編集 > ノードの移動と整列・配置ですでに解説しましたが、ここでも説明しておきます。

ノードのスライドとは、ノードを線に沿って移動させることであり、スライドさせるのは、たった今追加したばかりのノードです。 まずは、このノードのみを選択する必要があります。

17. 追加したノードをクリック
17. 追加したノードをクリック

上図のように追加したノードをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

18. 追加したノードのみが選択される
18. 追加したノードのみが選択される

上図のように追加したノードのみが選択されます。 では、このノードをスライド、つまり線に沿って移動させてみましょう

キーボードのALT + CTRLキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグすます。 線に沿う方向とは少しずらしてみましょう

19. ALTキーとCTRLキーを押しながらノードをドラッグ
19. ALTキーとCTRLキーを押しながらノードをドラッグ

上図のようにALTキーとCTRLキーを押しながらノードをドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

20. ノードが線に沿って移動する
20. ノードが線に沿って移動する

上図のようにノードが線に沿って移動します。 ドラッグの方向は線に沿う方向とは少しずらしましたが線に沿っていることがわかります

続いては、複数のセグメントにノードを追加する方法です。 今回は中心寄りの2本のセグメントにノードを追加してみましょう。 もちろん、対象のセグメントを選択する必要があります

21. 左から2本目のセグメントをクリック
21. 左から2本目のセグメントをクリック

上図のように左から2本目のセグメントをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

22. 左から2本目のセグメントが選択される
22. 左から2本目のセグメントが選択される

上図のように左から2本目のセグメントが選択されます。 続けて、その右のセグメントも選択します

23. 右から2本目のセグメントをSHIFTキーを押しながらクリック
23. 右から2本目のセグメントをSHIFTキーを押しながらクリック

上図のように右から2本目のセグメントをSHIFTキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

24. 右から2本目のセグメントが追加選択される
24. 右から2本目のセグメントが追加選択される

上図のように右から2本目のセグメントが追加選択されます。 これで中心寄りの2本のセグメントが選択されました。 では、この2本のセグメントにそれぞれノードを追加しましょう

25. ツールコントロールの[新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタンを押す
25. ツールコントロールの[新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタンを押す

上図のように画面上部にあるツールコントロールの[新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタン([新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタン)を押します(またはキーボードのINSERTキーを押します)。

26. 選択中のセグメントのそれぞれの中心にノードが追加される
26. 選択中のセグメントのそれぞれの中心にノードが追加される

上図のように選択中のセグメントのそれぞれの中心にノードが追加されます。 このように、複数のセグメントが選択されている場合でもそれぞの中心にノードが追加されます

では次に、セグメントの中心以外にノードを追加する方法を説明します

27. ALT + CTRLキーを押しながらセグメントをクリック
27. ALT + CTRLキーを押しながらセグメントをクリック

上図のようにノードを追加したいセグメント上の位置を、キーボードのALT + CTRLキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします(またはダブルクリックします)。

28. クリック位置にノードが追加される
28. クリック位置にノードが追加される

上図のようにクリック位置にノードが追加されます。 このように、キーボードのALT + CTRLキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でセグメントをクリックすることで、任意の位置にノードを追加することができます

ノードの追加の説明はここまでです。 ここからはノードの削除の説明に入ります。 まずは、マウス操作の削除から行ってみましょう。

29. ALT + CTRLキーを押しながらノードをクリック
29. ALT + CTRLキーを押しながらノードをクリック

上図のように削除したいノードを、キーボードのALT + CTRLキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

  
ノードの削除はダブルクリックでは代用できません。
30. クリック位置のノードが削除される
30. クリック位置のノードが削除される

上図のようにクリック位置のノードが削除されます。 他の選択されているノードは影響を受けていません。 削除したいノードのみを選択する、という前準備が必要ないということです

このように、キーボードのALT + CTRLキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックすることで、ノードの追加と削除を行えます。 セグメントをクリックするとノードの追加、ノードをクリックするとノードの削除になります

引き続き、ノードの削除の説明を行います。 ここからは削除するノードを選択して削除する方法です。

では、中央部の谷のノードを削除しましょう。 対象のノードを選択します。

31. 中央部の谷のノードをクリック
31. 中央部の谷のノードをクリック

上図のように中央部の谷のノードをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

32. 中央部の谷のノードのみが選択される
32. 中央部の谷のノードのみが選択される

上図のように中央部の谷のノードのみが選択されます。 では、このノードを削除しましょう。

33. ツールコントロールの[選択したノードを削除]ボタンを押す
33. ツールコントロールの[選択したノードを削除]ボタンを押す

上図のように画面上部にあるツールコントロールの[選択したノードを削除]ボタン([選択したノードを削除]ボタン)を押します(またはキーボードのBACKSPACEキーかDELETEキーを押します)。

34. 選択中のノードが削除される
34. 選択中のノードが削除される

上図のように選択中のノードが削除されます。 そして注目すべきなのが、"M"の形状が崩れていないことです。 ノードが削除されましたが、谷の部分の形状が維持されています

このように[選択したノードを削除]ボタンでノードを削除した場合は、形状ができるだけ維持されるように隣接するノードのハンドルが調整されます

最後に、形状を維持せずにノードを削除する方法を紹介します。 今度は右側の山のノードを削除してみましょう。 対象のノードを選択します。

35. 右側の山のノードをクリック
35. 右側の山のノードをクリック

上図のように右側の山のノードをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

36. 右側の山のノードのみが選択される
36. 右側の山のノードのみが選択される

上図のように右側の山のノードのみが選択されます。 では、このノードを形状は維持せずに削除しましょう

キーボードのCTRL + BACKSPACEキーを押します(または、CTRL + DELETEキーを押します)。

37. 選択中のノードが削除される
37. 選択中のノードが削除される

上図のように選択中のノードが削除されます。 削除されたノードの両隣のノードが直線で結ばれています。 形状を維持せずに削除したためです。

このように、CTRLキーを押しながらBACKSPACEキーかDELETEキーを押すことで形状を維持しない削除が行えます

ページの先頭へ
 

まとめ

パスは、鉛筆ツール・ペンツールで延長することができます。 端のノードをクリック(またはドラッグ)することで延長できます。

操作/コマンド 説明
[鉛筆ツール]ボタン
(または)
F6
(または)
P
鉛筆ツールを選択する
(鉛筆ツール選択中)
(端のノードの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
パスを延長して直線を引く
(鉛筆ツール選択中)
(端のノードの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
パスを延長してフリーハンド線を引く
[ペンツール]ボタン
(または)
SHIFT + F6
(または)
B
ペンツールを選択する
(ペンツール選択中)
(端のノードの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
パスを延長して直線を引く
※Enterキーで確定する
(ペンツール選択中)
(端のノードの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
パスを延長して曲線を引く
※Enterキーで確定する

セグメントの途中にノードを追加する場合はノードツールを使います。 セグメントを選択して画面上部にあるツールコントロールの[新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタン([新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタン)を押すことで、選択中のセグメントの中心にノードが追加されます。

操作/コマンド 説明
[ノードツール]ボタン
(または)
F2
(または)
N
ノードツールを選択する
(ノードツール選択中)
(セグメントの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
セグメントを選択する
※セグメントの両端のノードが選択される
(ノードツール選択中)
(セグメントの上で)
SHIFT + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
セグメントを追加選択する
※セグメントの両端のノードが追加選択される
[新規ノードを選択セグメントに挿入]ボタン
(または)
INSERTキー
選択中のセグメントの中心にノードを追加する

また、キーボードのALT + CTRLキーを押しながらセグメントをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックすることで、クリック位置にノードを追加することができます。

操作/コマンド 説明
(ノードツール選択中)
(セグメントの上で)
ALT + CTRL + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
クリック位置にノードを追加する
(ノードツール選択中)
(セグメントの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のダブルクリック
クリック位置にノードを追加する

ノードの削除もノードツールを使います。 ノードを選択して画面上部にあるツールコントロールの[選択したノードを削除]ボタン([選択したノードを削除]ボタン)を押すことで、選択中のノードがパスの形状を維持するように削除されます。 キーボードのCTRL + BACKSPACEキー(またはCTRL + DELETEキー)を押すことで、形状を維持しないノードの削除が行えます。

操作/コマンド 説明
[選択したノードを削除]ボタン
(または)
BACKSPACE
(または)
DELETE
選択されているノードを削除する
※形状ができるだけ維持されるように隣接するノードのハンドルが調整される
CTRL + BACKSPACE
(または)
CTRL + DELETE
選択されているノードを削除する
※形状は維持されない

また、キーボードのALT + CTRLキーを押しながらノードをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックすることでも、クリックしたノードを削除することができます。

操作/コマンド 説明
(ノードツール選択中)
(ノードの上で)
ALT + CTRL + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
クリック位置のノードを削除する
ページの先頭へ