トップ > 知っておきたい機能 > テキスト関連 >
図形内へのテキストの流し込み

テキストを図形の内部に収める

Inkscapeのテキストは、通常のテキスト・流し込みテキストともに図形に流し込むことができます。 図形に流し込んだ後も文字の情報は失わないため、文字として編集することができます

  
テキストが通常のテキストであった場合は、流し込みテキストに変換されます。 正確には、流し込みテキストの一種である "リンク付きの流し込みテキスト" に変換されます。

テキストを作成し楕円と星形のシェイプに収める

テキストを作成し、楕円と星形のシェイプに収めてみましょう。 新規ドキュメントを開き、次にテキストツールに切り替えます

1. テキストツールを選択
1. テキストツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからテキストツールを選択します(またはキーボードのF8(またはT)を押します)。 続いて、フォント・フォントスタイル・フォントサイズを指定します

2. フォント・フォントスタイル・フォントサイズを設定
2. フォント・フォントスタイル・フォントサイズを設定

上図のように画面上部にあるツールコントロールでフォント・フォントスタイル・フォントサイズを指定します。

では、通常のテキストを作成します。 キャンバス上の任意の場所をマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします

3. クリック
3. クリック

上図のように作成したいテキストの左下の位置ををクリックします。

  
ドラッグではなくクリックしてください。 ドラッグしてしまうと、流し込みテキストが作成されてしまいます
4. テキストカーソル
4. テキストカーソル

上図のようにテキストカーソルが表示されますので、キーボードから適当な長さのテキストを入力してください

5. テキストを入力
5. テキストを入力

上図のように適当な長さのテキストを入力します。 なお、このテキストが楕円と星形に流し込むテキストです

次に、楕円を作ります。

6. 円/弧ツールを選択
6. 円/弧ツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスから円/弧ツールを選択します(またはキーボードのF5(またはE)を押します)。

では、楕円を作成します。 作成したい楕円を囲む矩形の対角線をマウスの左ボタン(マウスの左ボ>タン)でドラッグします。

7. 作成したい楕円を囲む矩形の対角線をドラッグ
7. 作成したい楕円を囲む矩形の対角線をドラッグ

上図のように作成したい楕円を囲む矩形の対角線をドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

8. 楕円が作成される
8. 楕円が作成される

上図のように楕円が作成されます。 この楕円にテキストを流し込みますが、内部領域が塗られていない方が説明には適しているのでフィルを削除しましょう

9. フィルの色の上で右クリック
9. フィルの色の上で右クリック

上図のように画面左下の "フィル" の右の "アンセット" を、マウスの右ボタン(マウス>の右ボタン)でクリックします。

10. フィルを削除を実行
10. フィルを削除を実行

上図のようにメニューが表示されますので、"フィルを削除"を実行します。

11. フィルが削除される
11. フィルが削除される

上図のように楕円からフィルが削除されました。 ストロークが設定されていないため、バウンディングボックスとハンドルしか表示されていません。 これでは楕円が見えませんので、ストロークに黒色を設定しましょう

12. ストロークの色の上で右クリック
12. ストロークの色の上で右クリック

上図のように画面左下の "ストローク" の右の "アンセット" を、マウスの右ボタン(マウス>の右ボタン)でクリックします。

13. 黒を実行
13. 黒を実行

上図のようにメニューが表示されますので、"黒"を実行します。

14. 楕円の境界に黒色の線が引かれる
14. 楕円の境界に黒色の線が引かれる

上図のように楕円の境界に黒色の線が引かれました。 では続いて、星形を作成します

15. 星形ツールを選択
15. 星形ツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスから星形ツールを選択します(またはキーボードのSHIFT + F9(または*(アスタリスク))を押します)。

では、星形を作成します。 作成したい星形を囲む円の中心から円周にマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグします。

16. 作成したい星形を囲む円の中心から円周へドラッグ
16. 作成したい星形を囲む円の中心から円周へドラッグ

上図のように作成したい星形を囲む円の中心から円周へドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

17. 星形が作成される
17. 星形が作成される

上図のように星形が作成されます。 楕円と同じようにフィルは無く、ストロークのみになっているはずですが、そうでなければ楕円に合わせてストロークのみを設定してください

これで、テキストと楕円と星形が揃いました。

テキストを楕円と星形に流し込むには、オブジェクトを3つとも選択しておく必要があります

18. 選択ツールを選択
18. 選択ツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスから選択ツールを選択します(またはキーボードのF1(またはS)を押します)。 では、テキストと楕円と星形を選択しましょう

19. テキストと楕円と星形を選択する
19. テキストと楕円と星形を選択する

上図のようにテキストと楕円と星形を選択します。 3つとも選択したら準備完了ですので、実際にテキストを楕円と星形に流し込みましょう

20. テキスト(T) -> テキストの流し込み(F)を実行
20. テキスト(T) -> テキストの流し込み(F)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"テキスト(T)" -> "テキストの流し込み(F)"を実行するか、キーボードのALT + Wを押します。

21. テキストが楕円と星形に流し込まれる
21. テキストが楕円と星形に流し込まれる

上図のようにテキストが楕円と星形に流し込まれます。 なお、テキストが短いため楕円の中だけで収まっていますが、テキストを長くすれば星形にも流れ込みます(後ほど長くしてみます)。

  
テキストが通常のテキストであった場合は、この時点で流し込みテキストに変換されます。 正確には、流し込みテキストの一種である "リンク付きの流し込みテキスト" に変換されます。

リンク付きの流し込みテキストに変換されたことを画面下部の通知エリアで確認してみましょう

22. 通知エリア
22. 通知エリア

上図のように通知エリアに、"リンク付きの流し込みテキスト" と表示されていることが確認できます。

では次に、楕円を狭めてみましょう

23. 楕円のみを選択する
23. 楕円のみを選択する

上図のように楕円のみを選択します。 では、楕円を狭めましょう。 拡大縮小ハンドルをドラッグします。

24. 作成したい楕円を囲む矩形の対角線をドラッグ
24. 作成したい楕円を囲む矩形の対角線をドラッグ

上図のように作成したい楕円を囲む矩形の対角線をドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

25. 狭められた楕円
25. 狭められた楕円

上図のように楕円が狭められます。 そして、楕円に収まりきらない文字が星形まで流れ込んでいるのがわかります。 このように、パスを変形させると流し込んでいるテキストも追従して変形します

では次に、テキストに文字を追加して長くしてみましょう。 まず、テキストツールに切り替えましょう

26. テキストツールを選択
26. テキストツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからテキストツールを選択します(またはキーボードのF8(またはT)を押します)。

では、テキストをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします

27. クリック
27. クリック

上図のようにテキストをクリックします。 テキストが編集可能な状態になりますので、文字を追加入力します

28. テキストに文字を追加する
28. テキストに文字を追加する

上図のようにテキストに文字を追加入力します。 テキストが、楕円だけでなく星形の形状にも合っているのが確認できます

では続いて、リンク付き流し込みテキストを通常のテキストに変換します

29. テキスト(T) -> テキストに変換(C)を実行
29. テキスト(T) -> テキストに変換(C)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"テキスト(T)" -> "テキストに変換(C)"を実行します。

30. 通常のテキストに変換される
30. 通常のテキストに変換される

上図のように通常のテキストに変換されますが、見た目ではわかりません。 通知エリアで確認できますので、まずは選択ツールに切り替えます

31. 選択ツールを選択
31. 選択ツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスから選択ツールを選択します(またはキーボードのF1(またはS)を押します)。 選択ツールに切り替えたら、通知エリアを確認してみましょう。

32. 通知エリア
32. 通知エリア

上図のように通知エリアに、"テキスト" と表示されていることから通常のテキストに変換されたことがわかります

では最後に、楕円と星形を削除します。 まずは楕円と星形を選択しましょう。

33. 楕円と星形を選択する
33. 楕円と星形を選択する

上図のように楕円と星形を選択します。 選択したらDELETEキーを押しましょう

34. 楕円と星形が削除される
34. 楕円と星形が削除される

上図のように楕円と星形が削除されます。 そして注目すべきなのが、テキストの形状が変わらないことです。 流し込みテキストに対応していないソフトウェアで表示させる場合などに便利です。

ページの先頭へ
 

まとめ

通常のテキスト・流し込みテキストともに図形に流し込むことができます。 流し込んだ後も文字として編集することができます。

操作/コマンド 説明
[テキストツール]ボタン
(または)
F8
(または)
T
テキストツールを選択する
(テキストツール選択中)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
クリックした位置を基点として通常のテキストを作成する
[円/弧ツール]ボタン
(または)
F5
(または)
E
円/弧ツールを選択する
(円/弧ツール選択中)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
ドラッグした矩形に内接する円/弧を作成する
[星形ツール]ボタン
(または)
SHIFT + F9
(または)
*(アスタリスク)
星形ツールを選択する
(星形ツール選択中)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
ドラッグ開始位置を中心・終了位置を円周とした円に内接する星形を作成する
(スタイルインジケータの色の上で)
マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)
-> "フィルを削除"
選択中のオブジェクトのフィルを削除する
ALT + W 選択しているテキストを選択しているシェイプ/パスに流し込む

流し込んだテキストを通常のテキストに変換することで、シェイプ/パスを削除しても形状を保持することができます。

操作/コマンド 説明
(画面上部のプルダウンメニュー)
"テキスト(T)" -> "テキストに変換(C)"
流し込みテキストを通常のテキストに変換する
ページの先頭へ