トップ > 知っておきたい機能 > ファイル関連 >
デフォルトのドキュメント

新規ドキュメントをカスタマイズ

Inkscapeで新規ドキュメントを開いた時に表示されるドキュメントは、何もオブジェクトがない空のドキュメントです。 この新規ドキュメントは固定的なものではなく、default.svgというファイルから読み込まれます。

つまり、default.svgファイルは新規ドキュメントのテンプレートであり、このファイルをカスタマイズすることで、新規ドキュメントをカスタマイズすることができます

ユーザ共通とユーザ個別のdefault.svg

新規ドキュメントのテンプレートであるdefault.svgファイルには、ユーザ共通のものとユーザ個別のものがあります。 どちらもファイル名は同じdefault.svgですが、配置場所が異なります

ユーザ個別のものが存在していればそれが優先的に利用され、なければユーザ共通のものが利用されます。

ユーザ共通のdefault.svgファイルはInkscapeのインストール時にインストーラによって作成されます。 一方、ユーザ個別のdefault.svgファイルは自動的には作成されません。 つまり、何もしなければユーザ共通のdefault.svgファイルしか存在せず、それが利用されます

ユーザ共通のdefault.svgファイルは全ユーザ共通であり、カスタマイズすべきではありません。 よって、新規ドキュメントのテンプレートをカスタマイズしたければ、ユーザ個別のdefault.svgを新たに作成する必要があります。 なお、ユーザ個別のdefault.svgの配置場所はユーザごとに異なります。

ユーザ個別のdefault.svgファイルの作成

では、新規ドキュメントをカスタマイズする手順、つまり、ユーザ個別のdefault.svgを作成する手順を説明します。

1. 編集(E) -> 環境設定(P)を実行
1. 編集(E) -> 環境設定(P)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"編集(E)" -> "環境設定(P)"を実行します(またはキーボードのSHIFT + CTRL + Pを押します)。

  
プルダウンメニューには表示されていませんが、キーボードのSHIFT + CTRL + Pで環境設定ウィンドウを開くことができます。
2. 環境設定ウィンドウが開く
2. 環境設定ウィンドウが開く

上図のように環境設定ウィンドウが開きます。

3. システム -> システム情報 -> ユーザーテンプレートの値を確認
3. システム -> システム情報 -> ユーザーテンプレートの値を確認

上図のように"システム" -> "システム情報" -> "ユーザーテンプレート"の値を確認します。 ここに表示されているフォルダがテンプレート用フォルダです。

このフォルダの下に default.svg というファイル名でドキュメントを作成してください。

  
上図では "C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\inkscape\templates\default.svg" を作成します。

作成したdefault.svgファイルが新規ドキュメントのテンプレートとして利用されるようになります。

ページの先頭へ
 

まとめ

ユーザ個別のテンプレート用フォルダに default.svg というファイルを作成すると、新規ドキュメントのテンプレートとして利用されます。 ユーザ個別のテンプレート用フォルダは、環境設定ウィンドウで確認することができます。

操作/コマンド 説明
SHIFT + CTRL + P 環境設定ウィンドウを開く
ページの先頭へ