トップ > 知っておきたい機能 > オブジェクトの非表示とロック >
オブジェクトのロックとロック解除

オブジェクトのロック・ロック解除について

この記事では、オブジェクトのロックとロック解除について説明します。 ロックは、オブジェクトを保護する機能です。 ロックされたオブジェクトは、キャンバス上に表示され続けますが、選択はできなくなります

つまり、前の記事で説明したオブジェクトの非表示と似ています。 非表示にされたオブジェクトは、表示されなくなり、選択もできなくなります。 一方、ロックされたオブジェクトは、表示され続けますが、選択はできなくなります。

表示されるか・表示されないかの違いがあるだけで、どちらも選択できなくなるという点では同じです。 また、ロック・ロック解除する手順は、非表示・再表示の手順とほぼ同じです

この記事では、非表示・表示の手順との違いだけを説明します。 前の記事を読んでいない場合は、そちらを先に読んでからこの記事を読み進めてください。

レイヤのロック・ロック解除の方が使いやすい

Inkscapeのオブジェクトのロック・ロック解除の機能は使い勝手が良くありません。 Inkscapeにはレイヤ単位でロック・ロック解除する機能がありますので、そちらの機能を使うことをオススメします。

オブジェクトをロックする方法

オブジェクトのロックはオブジェクトのプロパティダイアログで実施します。

ロック(O)チェックボックスをチェック
ロック(O)チェックボックスをチェック

上図のようにオブジェクトのプロパティダイアログにある "ロック(O)" チェックボックスをチェックすることでロックされます。

全てのオブジェクトをロック解除する方法

ロックたオブジェクトは、プルダウンメニューからロック解除することができます。 ただし、一部のオブジェクトのみをロック解除することはできず、全てのオブジェクトがロック解除されてしまいます

オブジェクト(O) -> すべてのロックを解除
オブジェクト(O) -> すべてのロックを解除

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"オブジェクト(O)" -> "すべてのロックを解除"を実行します。

一部のオブジェクトをロック解除する方法

ロックされたオブジェクトは、マウス操作では選択できません。 また、初期設定のままだとキーボード操作でも選択できません。

設定を変更することで、キーボードから選択できるようになります。

チェックボックスのチェックを外す
チェックボックスのチェックを外す

上図のように"振る舞い" -> "選択"のカテゴリに移動し、"ロックされたレイヤーおよびオブジェクトは選択しない" チェックボックスのチェックを外します。 チェックを外すことで、ロックされたオブジェクトもキーボードで選択できるようになります。

操作/コマンド 説明
CTRL + A 全てのオブジェクトを選択する
TABキー オブジェクトを順に選択する
SHIFT + TABキー オブジェクトを逆順に選択する
ページの先頭へ
 

まとめ

オブジェクトのプロパティダイアログの "ロック(O)" チェックボックスをチェックすることで、オブジェクトをロックすることができます。 なお、複数のオブジェクトをまとめて設定することはできません。

操作/コマンド 説明
SHIFT + CTRL + O オブジェクトのプロパティダイアログを開く

ロックしたオブジェクトは、プルダウンメニューからロック解除することができます。 ただし、全てのオブジェクトをロック解除する方法しか提供されておらず、一部のオブジェクトのみをロック解除することはできません。

操作/コマンド 説明
(画面上部のプルダウンメニュー)
"オブジェクト(O)" -> "すべてのロックを解除"
全てのオブジェクトをロック解除する

一部のオブジェクトのみをロック解除するには、そのオブジェクトだけを選択する必要があります。 そのためには、Inkscapeの設定ダイアログの "振る舞い" -> "選択" のカテゴリで "ロックされたレイヤーおよびオブジェクトは選択しない" チェックボックスのチェックを外し、キーボードショートカットで選択しなければなりません。

操作/コマンド 説明
CTRL + A 全てのオブジェクトを選択する
TABキー オブジェクトを順に選択する
SHIFT + TABキー オブジェクトを逆順に選択する
ページの先頭へ