トップ > クマのイラストを描いてみる >
文字を入れる

テキストを入れる

では、最後の仕上げとして "クマ" という白色のテキストを入れます。 テキストは黒色で縁取りし、縁取りした部分は少しぼかします。

なお、白色のテキストの後ろに黒色でぼかしたテキストを配置することで縁取りを表現します。

テキストを作成する

では、テキストを入力します。

1. テキストツールを選択
1. テキストツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからテキストツールを選択します(またはキーボードのF8(またはT)を押します)。

次に、テキストを作成します。 作成したいテキストの1文字目の左下の位置をマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

ドラッグではなくクリックしてください。 ドラッグしてしまうと、流し込みテキストが作成されてしまいます。 クリックした場合は、通常のテキストが作成されます。

  
通常のテキストでは、入力に応じてバウンディングボックスが自動的に拡張・縮小されます。 つまり、テキストの内容に応じてバウンディングボックスが変形します。
  
流し込みテキストでは、ドラッグした範囲にテキストフレームと呼ばれる枠が作成されます。 バウンディングボックスは入力に合わせて広がりますが、テキストフレームを超えることはできません。 また、入力したテキストはバウンディングボックスに合わせて自動的に改行されます。 つまり、テキストフレームに合わせてテキストが変形します。
2. クリック
2. クリック

上図のように作成したいテキストの左下の位置ををクリックします。

3. テキストカーソル
3. テキストカーソル

上図のようにテキストカーソルが表示され、キーボードから文字が入力できる状態になります。 日本語入力をオンにして、"クマ" と入力しましょう。

4. "クマ"と入力
4. "クマ"と入力

上図のように "クマ" と入力します。 続いて、文字を大きくします。

5. コントロールのフォントサイズを220にする
5. コントロールのフォントサイズを220にする

上図のように画面上部にあるツールコントロールのフォントサイズを 220 に変更します。

6. 文字が大きくなる
6. 文字が大きくなる

上図のように文字が大きくなります。 なお、色はまだ白色には変えません。 背景が白色であるため、今、白色に変えると見えなくなるためです

テキストを複製して縁取り用にする

続いて、テキストを複製します。 複製したテキストは縁取り用に使います。

1. 選択ツールでテキストを選択する
1. 選択ツールでテキストを選択する

上図のように選択ツールでテキストを選択します。

2. 編集(E) -> コピー(C)を実行
2. 編集(E) -> コピー(C)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"編集(E)" -> "コピー(C)"を実行するか、キーボードのCTRL + Cを押します。 では、コピー元と同じ位置に貼り付けて複製しましょう

3. 編集(E) -> 同じ場所に貼り付け(I)を実行
3. 編集(E) -> 同じ場所に貼り付け(I)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"編集(E)" -> "同じ場所に貼り付け(I)"を実行するか、キーボードのCTRL + ALT + Vを押します。

4. テキストが複製される
4. テキストが複製される

上図のようにテキストが同じ場所に貼り付けられます。 ただし、コピー元と完全に重なっているため見た目ではわかりません

続いて、複製したテキストのストロークを設定します。 なお、テキストは初期状態ではストロークは持っていません

5. ストロークを太くする
5. ストロークを太くする

上図のようにストロークを黒色で幅を 2 に設定します。 これでコピー元のテキストよりも太くなりました。

続いて複製したテキストをぼかします。

6. テキストを右クリック
6. テキストを右クリック

上図のように複製したテキストを、マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックします。

7. "フィル/ストローク(F)..." を実行
7. "フィル/ストローク(F)..." を実行

上図のようにメニューが表示されますので、"フィル/ストローク(F)..."を実行します。

8. フィル/ストロークダイアログが開く
8. フィル/ストロークダイアログが開く

上図のようにフィル/ストロークダイアログが開きます。

9. ぼかしを指定
9. ぼかしを指定

上図のように ぼかし (%) に 2.0 を指定します。 設定したら右上の[×]ボタン([×]ボタン)を押してダイアログを閉じます

10. 複製したテキストにぼかしがかかる
10. 複製したテキストにぼかしがかかる

上図のように複製したテキストにぼかしがかかります。 では、ぼかしたテキストを最背面に移動しましょう

11. オブジェクト(O) -> 最背面へ(B)を実行
11. オブジェクト(O) -> 最背面へ(B)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"オブジェクト(O)" -> "最背面へ(B)"を実行するか、キーボードのENDキーを押します

12. 複製したテキストが最背面に移動する
12. 複製したテキストが最背面に移動する

上図のように複製したテキストが最背面に移動します。

テキストを白色にする

次にコピー元のテキストのフィルを白色に変えます。 まずは、コピー元のテキストを選択します。

1. コピー元のテキストを選択する
1. コピー元のテキストを選択する

上図のようにコピー元のテキストを選択します。 では、フィルを白色に設定しましょう。 今回は、カラーパレットをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックして設定してみます。

2. カラーパレットの白色をクリック
2. カラーパレットの白色をクリック

上図のようにカラーパレットの白色をマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

3. コピー元のテキストが白色に
3. コピー元のテキストが白色に

上図のようにコピー元のテキストのフィルが白色に設定されます。 このように、カラーパレットをクリックすることでもフィルの色を設定することができます。 なお、SHIFTキーを押しながらクリックするとストロークに色が設定されます。

仕上げとして、コピー元のテキストを再背面の1層上に移動させます。 キーボードのENDキーを押し、さらにPageUpキーを押します

4. クマの完成
4. クマの完成

上図のように白色の "クマ" という文字が黒色で縁取りされます。

これで、座っているクマの画像は完成です。 ここまでの作業で、Inkscapeの基本的な機能については説明できたのではないかと思います。

ページの先頭へ
 

まとめ

テキストツールでテキスト作成することができます。 なお、テキストには、通常のテキストと流し込みテキストがあります。

クリックすると通常のテキストとなり、ドラッグすると流し込みテキストとなります。

通常のテキストでは、テキストの内容に応じて枠が変化します。 流し込みテキストでは、枠の形に合わせてテキストが自動改行されます。

操作/コマンド 説明
[テキストツール]ボタン
(または)
F8
(または)
T
テキストツールを選択する
(テキストツール選択中)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
クリックした位置を基点として通常のテキストを作成する
(テキストツール選択中)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ
ドラッグした範囲に流し込みテキストを作成する

テキストは初期状態ではフィルは持っていますが、ストロークは持っていません。 フィルやストロークの設定はシェイプやパスと同じで、カラーパレットのクリックでフィルの色を、SHIFTキーを押しながらのクリックでストロークの色を指定することができます。 もちろん、カラーパレットの右クリックや画面左下のスタイルインジケータの右クリックで表示されるサブメニューからもフィルやストロークの色を指定することができます。

操作/コマンド 説明
(カラーパレットの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
クリックした色をフィルに設定する
(カラーパレットの上で)
SHIFTキー + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
クリックした色をストロークに設定する
(カラーパレットの上で)
マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)
-> "フィルに設定"
クリックした色をフィルに設定する
(カラーパレットの上で)
マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)
-> "ストロークに設定"
クリックした色をストロークに設定する
(スタイルインジケータの上で)
マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)
フィル・ストローク用のサブメニューを表示する
ページの先頭へ