トップ > 知っておきたい機能 > オブジェクトの選択方法 >
隠れているオブジェクトの選択

他のオブジェクトの背面で隠れているオブジェクトを選択

Inkscapeでは、貼り絵のように図形をキャンバス上に配置して作業を行います。 そのためキャンバス上には、他のオブジェクトでほとんど隠れているオブジェクトや完全に隠れているオブジェクトが存在することもあります

Inkscapeには、そのようなオブジェクトを選択する方法がちゃんと用意されています。 ここでは、他のオブジェクトの背面で隠れているオブジェクトを選択方法について説明します

ALT + 左クリックで順に選択できる

ALTキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)をクリックすると、マウスカーソルの下にあるオブジェクトが順に選択されます

では、実際にやってみましょう。 新規ドキュメントを開き、黒色の円のシェイプを作成します

1. 黒色の円のシェイプを作成する
1. 黒色の円のシェイプを作成する

上図のように黒色の円のシェイプを作成します。 次に、その上に青色の矩形のシェイプを作成します

2. 青色の矩形のシェイプを作成する
2. 青色の矩形のシェイプを作成する

上図のように青色の矩形のシェイプを作成します。 ではここで、表示モードをアウトラインに変えて、青色の矩形の後ろに黒色の円があることを確認してみましょう

3. 表示(V) -> 表示モード(D) -> アウトライン(O)を実行
3. 表示(V) -> 表示モード(D) -> アウトライン(O)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"表示(V)" -> "表示モード(D)" -> "アウトライン(O)"を実行します。

4. アウトラインモードでの表示
4. アウトラインモードでの表示

上図のようにオブジェクトの境界の形状のみが表示されます。 矩形の後ろに円があることが確認できます。

では、表示モードを元に戻します。

5. 表示(V) -> 表示モード(D) -> 通常(N)を実行
5. 表示(V) -> 表示モード(D) -> 通常(N)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"表示(V)" -> "表示モード(D)" -> "通常(N)"を実行します。

6. 通常モードでの表示
6. 通常モードでの表示

上図のように表示モードが戻りました。 では、背後に隠れている黒色の円を選択してみましょう。 まずは、キーボードのF1(またはS)を押して選択ツールを選択してください

7. ALTキーを押しながら左ボタンをクリック
7. ALTキーを押しながら左ボタンをクリック

上図のようにALTキーを押しながら選択したいオブジェクトの上でマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)をクリックします。

8. 青色の矩形のシェイプが選択される
8. 青色の矩形のシェイプが選択される

上図のように青色の矩形のシェイプが選択されます。 まずは、より前面にある青色の矩形が選択されました

では、もう一度同じ操作を繰り返します。

9. ALTキーを押しながら左ボタンをクリック
9. ALTキーを押しながら左ボタンをクリック

上図のようにALTキーを押しながら選択したいオブジェクトの上でマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)をクリックします。

10. 黒色の円のシェイプが選択される
10. 黒色の円のシェイプが選択される

上図のように黒色の円のシェイプが選択されます。 ただし、バウンディングボックスと拡大縮小ハンドルが見えているだけで、本当に円のシェイプかどうかはわかりません。 画面下部の通知エリアを確認してみましょう

  
バウンディングボックスとは、オブジェクトを囲む最小の矩形の枠のことです。 矩形(くけい)とは全ての角が90度の四角形のこと、つまり正方形か長方形のことです。
11. 通知エリア
11. 通知エリア

上図のように通知エリアに、"円" と表示されています。 きちんと円のシェイプが選択されていることがわかります。

ALT + マウスのホイールの回転でも順に選択できる

ALTキーを押しながらマウスのホイール(マウスのホイール)を回転させることでも、マウスカーソルの下にあるオブジェクトを順に選択することができます

この方法では選択中のオブジェクト以外が半透明で描かれるため、どのオブジェクトが選択されているかがわかりやすいです。 ALT + 左クリックで操作するよりも、ALT + マウスのホイールの回転での操作する方がオススメです。

ページの先頭へ
 

まとめ

ALTキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)をクリックすることで、マウスカーソルの下にあるオブジェクトが順に選択されます。 なお、ALTキーを押しながらマウスのホイール(マウスのホイール)を回転させることでも、同様の操作が行えます。

操作/コマンド 説明
ALT + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン) マウスカーソルの下にあるオブジェクトを順に選択する
ALT + マウスのホイール(マウスのホイール)の回転 マウスカーソルの下にあるオブジェクトを順に選択する(選択中のオブジェクト以外が半透明で描かれる)
ページの先頭へ