トップ > 知っておきたい機能 > オブジェクトの非表示とロック >
オブジェクトの非表示と再表示

オブジェクトの非表示・再表示について

この記事では、オブジェクトを非表示にする方法と、再表示する方法について説明します。

  
オブジェクトの非表示と再表示の機能は以前はとても使いづらいものでした。 しかし、Inkscape 1.0で大きく改善され、今はとても使いやすくなっています。

複数のオブジェクトの非表示と一部のオブジェクトの再表示

では、オブジェクトの非表示と再表示の例を紹介します。 どんな画像でもいいのですが、ここでは前の章で制作した座っているクマのイラストを開きます。

1. 座っているクマのイラスト
1. 座っているクマのイラスト

上図のように複数のオブジェクトで構成されている画像を開きます

では、いくつかのオブジェクトを非表示にしてみましょう。 今回は、顔の土台と胴体の2つのオブジェクトを非表示にします

2. 選択ツールに切り替えて顔の土台と胴体を選択する
2. 選択ツールに切り替えて顔の土台と胴体を選択する

上図のように選択ツールに切り替えて顔の土台と胴体の2つのオブジェクトを選択します。

3. 任意の場所を右クリック
3. 任意の場所を右クリック

上図のように任意の場所をマウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックします。

4. 選択オブジェクトを非表示を実行
4. 選択オブジェクトを非表示を実行

上図のようにメニューが表示されますので、"選択オブジェクトを非表示"を実行します。

5. 顔の土台と胴体が非表示になる
5. 顔の土台と胴体が非表示になる

上図のように顔の土台と胴体が非表示になりました。 また、選択も解除されていることがわかります。

  
Inkscape 1.1系まではオブジェクトを非表示にしても選択状態は維持されていました。

では、次に非表示にしたオブジェクトを再表示してみましょう。 まずは、全ての非表示オブジェクトを再表示する方法から説明します

6. オブジェクト(O) -> すべて表示を実行
6. オブジェクト(O) -> すべて表示を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"オブジェクト(O)" -> "すべて表示"を実行します。

7. 全てのオブジェクトが表示される
7. 全てのオブジェクトが表示される

上図のように全てのオブジェクトが表示されます。 つまり、顔の土台と胴体の両方が再表示されたということです。

続いて、一部のオブジェクトだけを再表示する方法を説明します

まずは、顔の土台と胴体を非表示に戻しましょう。 すでに説明した方法で非表示に戻してください

8. 顔の土台と胴体を非表示に戻す
8. 顔の土台と胴体を非表示に戻す

上図のように顔の土台と胴体を非表示に戻します。

では、一部のオブジェクトだけを再表示しましょう。 今回は、顔の土台だけを再表示してみます

9. 顔の土台がある場所を右クリック
9. 顔の土台がある場所を右クリック

上図のように顔の土台がある場所をマウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックします。

10. カーソルの下のオブジェクトを表示を実行
10. カーソルの下のオブジェクトを表示を実行

上図のようにメニューが表示されますので、"カーソルの下のオブジェクトを表示"を実行します。

11. 顔の土台が表示される
11. 顔の土台が表示される

上図のように顔の土台のみが再表示されます。 ただし、マウスカーソルの下に複数のオブジェクトがある場合には、それらがまとめて再表示されてしまいます

確実に1つのオブジェクトだけを再表示する方法について

続いて、確実に1つのオブジェクトだけを再表示する方法について解説しておきます。 Inkscape 0.92系 / 1.1系でも使える方法ですが、操作はやや面倒です。

12. 顔の土台と胴体を非表示にする
12. 顔の土台と胴体を非表示にする

上図のように顔の土台と胴体が非表示になっている状態から解説します。

では、一つのオブジェクトだけを再表示してみましょう。 今回は、顔の土台だけを再表示します。

顔の土台だけを再表示するには、顔の土台だけを選択する必要があります。 でも、どうやって選択すればいいのでしょうか。

Inkscapeでは、非表示のオブジェクトはマウスのクリックやドラッグで選択することはできません。 では、キーボード操作で選択できるのかというと、残念ながら初期設定のままではそれもできません。 初期設定では、非表示のオブジェクトを選択する方法は3つしかありません。

1つ目は、XMLエディタを使う方法です。 XMLエディタとは、SVGドキュメントの内部構造を直接編集するためのツールで、画面上部のプルダウンメニューの"編集(E)" -> "XML エディター(X)..."から呼び出す事ができます。 XMLエディタの使い方についてはここでは触れませんが、使い勝手がよいものではありません

2つ目は、検索/置換ダイアログでオブジェクトを検索する方法です。 画面上部のプルダウンメニューの"編集(E)" -> "検索/置換(F)..."を実行することで、検索/置換ダイアログが開きます。 このダイアログでは、条件を指定してオブジェクトを検索することができ、条件に一致したものが選択された状態になります。 ただし、今回の例のような場合には、顔の土台だけを選択することはできません。 非表示のオブジェクトも含めて検索する指定はありますが、非表示のオブジェクトだけを検索する指定はないためです。 また、それ以外の検索条件もあまり細かく指定できないため1つのオブジェクトだけを選択するのには向いていません。

3つ目は、同じオブジェクトを選択する機能を使う方法です。 あらかじめオブジェクトを選択しておき、画面上部のプルダウンメニューの"編集(E)" -> "同じオブジェクトを選択(M)"から実行することができます。 同じフィルを持つオブジェクトを選択したり、同じ種類のオブジェクトを選択することができます。 ただし、この方法も1つのオブジェクトだけを選択するのには向いていません

というわけで、初期設定のままでは非表示のオブジェクトを選択する便利な方法はありません。 よって、設定を変えるしかありません。 キーボードの操作で非表示のオブジェクトを選択できるよう、設定を変更しましょう

13. 編集(E) -> 環境設定(P)を実行
13. 編集(E) -> 環境設定(P)を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"編集(E)" -> "環境設定(P)"を実行します(またはキーボードのSHIFT + CTRL + Pを押します)。

  
プルダウンメニューには表示されていませんが、キーボードのSHIFT + CTRL + Pで環境設定ウィンドウを開くことができます。
14. 環境設定ウィンドウが開く
14. 環境設定ウィンドウが開く

上図のように環境設定ウィンドウが開きます。

15. チェックボックスのチェックを外す
15. チェックボックスのチェックを外す

上図のように"振る舞い" -> "選択"のカテゴリに移動し、"非表示のレイヤーおよびオブジェクトは選択しない" チェックボックスのチェックを外します。

これで、非表示のオブジェクトをキーボードで選択できるようになりました。 なお、キーボードで選択する方法は以下のように3つあります。

操作/コマンド 説明
CTRL + A 全てのオブジェクトを選択する
TABキー オブジェクトを順に選択する
SHIFT + TABキー オブジェクトを逆順に選択する

CTRL + Aでは全てのオブジェクトが選択されてしまいますので、今回の目的には使えません。 今回の目的のように、オブジェクトを1つだけ選択する場合にはTABキー(またはSHIFT + TABキー)を押します。 では、TABキーを押しましょう。

16. オブジェクトが1つ選択される
16. オブジェクトが1つ選択される

上図のようにオブジェクトが1つ選択されます。 残念ながら顔の土台ではありませんので、さらにTABキーを何度か押して顔の土台を選択しましょう

17. 顔の土台が選択される
17. 顔の土台が選択される

上図のように顔の土台が選択されます。 やっと、顔の土台だけを選択することができました

では、選択中のオブジェクトを再表示しましょう。 オブジェクトの表示・非表示は、オブジェクトのプロパティダイアログで設定することができます。

  
オブジェクトのプロパティダイアログでは、オブジェクトの属性を設定することができます。
18. オブジェクト(O) -> オブジェクトのプロパティ(O)...を実行
18. オブジェクト(O) -> オブジェクトのプロパティ(O)...を実行

上図のように画面上部のプルダウンメニューの"オブジェクト(O)" -> "オブジェクトのプロパティ(O)..."を実行します(またはキーボードのSHIFT + CTRL + Oを押します)。

19. 隠す(H)チェックボックスのチェックを外す
19. 隠す(H)チェックボックスのチェックを外す

上図のようにオブジェクトのプロパティダイアログが開きますので、(1)の"隠す(H)" チェックボックスのチェックを外します。 チェックしたら、ダイアログのタブの(2)の[×]ボタン([×]ボタン)を押してダイアログを閉じましょう。

20. 顔の土台が表示される
20. 顔の土台が表示される

上図のように顔の土台のみが再表示されます。

ページの先頭へ
 

レイヤの非表示・再表示の方が使いやすい

Inkscapeにはレイヤ単位で非表示・再表示する機能があります。 この記事で紹介したオブジェクト単位での表示・非表示よりも、レイヤ単位での表示・非表示の方が使いやすいです。

ページの先頭へ
 

まとめ

オブジェクトを選択してマウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックし、表示されるメニューから "選択オブジェクトを非表示" を実行することで選択中のオブジェクトを非表示にすることができます。 複数のオブジェクトをまとめて非表示にすることもできます。

操作/コマンド 説明
(任意の場所で)
マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)
-> "選択オブジェクトを非表示"
選択中のオブジェクトを非表示にする

オブジェクトのプロパティダイアログの "隠す(H)" チェックボックスをチェックすることでもオブジェクトを非表示にすることができます。 ただし、複数のオブジェクトをまとめて設定することはできません。

操作/コマンド 説明
(オブジェクトの上で)
マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)
-> "オブジェクトのプロパティ(O)..."
オブジェクトのプロパティダイアログを開く
SHIFT + CTRL + O オブジェクトのプロパティダイアログを開く

非表示にしたオブジェクトは、プルダウンメニューから再表示させることができます。 ただし、プルダウンメニューには全てのオブジェクトを再表示する方法しか提供されていません。 一部のオブジェクトのみを再表示することはできません。

操作/コマンド 説明
(画面上部のプルダウンメニュー)
"オブジェクト(O)" -> "すべて表示"
全てのオブジェクトを表示する

一部のオブジェクトのみを再表示するには、そのオブジェクトの上でマウスの右ボタン(マウスの右ボタン)をクリックし、表示されるメニューから "カーソルの下のオブジェクトを表示" を実行します。 ただし、マウスカーソルの下に複数のオブジェクトがある場合には、それらがまとめて再表示されてしまいます。

操作/コマンド 説明
(再表示したいオブジェクトの上)
マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)
-> "カーソルの下のオブジェクトを表示"
マウスカーソルの下にあるオブジェクトをまとめて再表示する

確実に1つのオブジェクトのみを再表示するには、そのオブジェクトだけを選択する必要があります。 そのためには、環境設定ウィンドウの"振る舞い" -> "選択"のカテゴリで "非表示のレイヤーおよびオブジェクトは選択しない" チェックボックスのチェックを外し、キーボードショートカットで選択しなければなりません。

操作/コマンド 説明
CTRL + A 全てのオブジェクトを選択する
TABキー オブジェクトを順に選択する
SHIFT + TABキー オブジェクトを逆順に選択する

再表示したいオブジェクトを選択したら、オブジェクトのプロパティダイアログの "隠す(H)" チェックボックスのチェックを外して再表示します。

ページの先頭へ